• look el

DeepFakeはDeepFace


以前の記事で仕組みを作りたいと次につなげたばかりですが 今日は技術的なおはなしをしたいと思います。

皆さん(ご覧になっている方は片手に入る人数ですが 笑)DeepFakeというAIと3D技術を融合したものをご存じでしょうか スマホアプリでは中国製のZAO、Rface、FaceSwap等が出てきていますがその元となるテクノロジーです。 現在DeepFakeはDeepFaceに名前を変えバージョンは2まで進んでいます。 トランプ大統領の演説動画の顔を変えたりして少し前にニュースになっていたのを見たような気がします。 以前は普通にダウンロード出来たのですがアメリカではかなり問題意識が高く既に規制が厳しいようです。

小難しい話をはさむと ”DeepFaceは画像内の顔から3Dモデリング技術で正面を向いた顔の画像を作り、これを1億2000万以上のパラメータを持つマルチレイヤーのデータにしてニューラルネットワークで共通ポイントを解析する。

AIで動画から顔を認識して3Dポリゴン化、ベース動画に他人の顔を乗せ、ディープラーニングで(名前の由来です)何万回も学習させることで別人の顔をかなり自然に合成、差し替えることができるんです。

海外では政治的な悪用が懸念される一方、我が国日本は素晴らしい、本当にごく一部のユーザーによってAV女優と芸能人の顔を入れ替えて使われておりますね。 日本ではこうした流れになることはすぐにピンと来ていたのですが同時にものすごい肖像権の侵害なうえに法規制の遅い日本でもおいおい問題になるかなぁと思ったり思ってなかったり、ちなみにPornHubですら規制対象になって動画の削除&検索してもすでに出てきません。 みなさんいろいろ工夫されていてPrunHubの規制を逃れようと努力している動画がちらほらみられます。

私はこの革新的技術を何かに使いたい、何かに使いたいけど真っ先に思いつくような安直な使い方は面白くないなぁと、考えているうちに時代に乗り遅れそうです💕

一番上の画像はそのMIX中の画像です。 我が家のパソコンが半日くらい暖房器具になっておりました💕

技術的にはできるけど、法律的にできないことってたくさんあります。 日本で法律ができたとしても凡その検討は付きますし、誰かが問題の火種になってメディアに取り上げられて、世間一般に広まって、合衆国をみならった法律をつくりました~💕 みたいな流れでしょうか、火種が政治利用かアダルトかそれ以外の何かかはわかりませんが肖像権の侵害にしかならないのであれば、 あんまりおもしろくない話はやめます、つまり何が言いたいかというとこの素晴らしい技術をわたしは面白いことに使いたいんです! そして前回触れた仕組みづくりの中に取り入れたい! 現状一般ユーザーが手の出るパソコンではたった数分の動画を作るのにフルパワーでも丸一日でかかったりしますが、マイニングに比べたら幾分コストは低いです。

わたしはAIの発展とDeepFake(Face)の今後にとても期待しています。 見れるものなら生きているうちにシンギュラリティを見てみたいものです。

ということなので橋本環奈さんや新垣結衣さん、斎藤飛鳥さんや広瀬すずさんなどそうそうたるメンバーのなかでもし好きな人や見てみたい人がいたら一度検索してみると面白いかもしれません💕

上にあげたスマホアプリも現状iOSでもダウンロードできるので一度遊んでみてはいかがでしょうか💕

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示